FC2ブログ

YZF-R25のプロジェクター化 その3

前回予告で取り付けといいましたが、ほかにも重要なことがあった上に取り付けに関しては必死だったため写真がほぼないため取り付けは次回にします。(。´◞‸◟`。)

というわけで、前回はプロジェクターの取り付けが終わったので殻閉じをします。
要領としては、殻割の逆をすればいいのですが、ブチルゴムがいろいろな要因により少なくなっているので補充をすることをお勧めします。
今回は、市販のブチルゴムを購入しました。

本当は元ついてたものを流用であったりするのが一般的なのでしょうが、引っ付いているものをきれいに集めるのは時間的にも困難なためそのまま補充しました。

ブチル補充後、殻割同様ドライヤーで温めて一気にレンズを押し込みます。
ツメが反り返って引っかからなくなったりしてるのですべて戻していきます。
この際レンズに接触していないかを確認しましょう。
接触している場合はリフレクターを再度加工します。


DSC01258.jpg

ここまでできたら8割完成したも同然です。

次に、回路の動作確認を行いました。
これに関してはプロジェクターユニット単体でもできるのですが、再度確認しておくことをお勧めします。
実際取り付けてからの回路ミスであったり故障はかなり原因究明が困難になります。

DSC01272.jpg

グチャってますが、単にバッテリーから12V供給し端子台で分配しているだけです。
まず、HIDのバーナーの確認。
H4コネクターに各信号を送って点滅できるか確認します。
端子台からの供給電力はテスターで確認できるようにしているのでこのようにリレーの駆動に0.20A=200mA使用していることがわかります。(HIDのリレーユニットと小型リレーでの合計電流値)


次に、イカリングとブルーアイの確認をしました。
DSC01263.jpg

全点灯で1.98A=1980mA(駆動用リレーも含む)

DSC01267.jpg

ブルーアイ以外で1.41A=1410mA(駆動用リレーも含む)

DSC01269.jpg

ブルーアイのみで0.60A=600mA(駆動用リレーも含む)

ここで電気関係に詳しい人は気づきますが、スイッチを取り付ける場合は定格電流がかなり肝になってきます。
定格数10mA=0.01A程度のスイッチも存在しているためスイッチを取り付ける際は気を付けておきましょう。

そういうことも含め、電線の太さやリレー駆動を必要とするかを考えましょう。
この部分があまり理解できない方は詳しい方に任せましょう。その方が今後安心安全なバイクライフが送れますよ!

とここまで、回路チェックが完了したところで取り付けになります。

次回取り付けについて説明しますー。いやーここまで長かった。


※最後の方は、すこし嫌味な言い方にも聞こえますがかなり重要な部分なので覚えておきましょう。
ここをおざなりにすると故障や、最悪の場合焼損ということもあり得ます。
そうなっても私は一切責任は負えません。





Date: 2017.03.23
Category: バイク
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

スモモも桃

Author:スモモも桃
思ったことをそれとなく書いてます。
使える情報は持って行っていいよ!
VRChatで精神保ってる、参加的な
フレンズヾ(。´'ω'`。)ノ
基本かわいい系癒し系が好きです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター

検索フォーム