FC2ブログ

夏に向けての準備①

どうも(。´'ω'`。)です。
前回">前回お話ししたように、今の室温であれば5.0Ghz常用は余裕ですが、
夏になると厳しいので、対策する と言ってました。

その第一弾として、グリスの液体金属化をしました!
先に結果を言うと、

8度下がりました

next12350.png


これは良い結果ですね。8度下がると、室温22度でも
74度ほどで推移するようになります。
夏場の室温30度でも、80度程度で収まる可能性が高く
これなら、Vcoreを少し調整するだけで乗り切れる可能性大です、


では、液体金属に変更する手順を簡単に紹介します。





DSC_1954.jpg


まず、CPUクーラーを外します。
私は水冷なので、水枕をチューブの付いたまま外します。

CPUの方はそのまま、グリスをきれいにふき取り、
クーラーの方はグリスの付いている部分に印をつけておいてふき取りました。


DSC_1955.jpg


その後、CPUソケット回りとクーラーの印に合わせてマスキングします。
これは完全に保険ですね。
もし、垂れたとしても電極部分には流れないようにするためですね。



DSC_1956.jpg

DSC_1957.jpg


そして、液体金属をCPUとクーラー両方に伸ばします。
この時、やすり等で表面を軽く削っておくことで伸びやすくなるのですが、
クマメタル付属の綿棒を使うと、特に何もせずきれいに伸ばせました。

電解コンデンサやその他金属部分についた場合はきれいにふき取ってください。
コンデンサは、腐食して破裂するようです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



DSC_1953.jpg


きれいに塗れたらクーラーを取り付けます。
そして外しました。
塗る量がいまいちわからないので、はみ出ていないかを確認しました。

確認後、再度クーラーを取り付けて完了です。


今回かなりチキって、マスキングテープを付けたままですが
特に問題ない様です。燃えるよりはマシですからね。

というわけで、液体金属にして温度が下がったというお話でした。


※ショートや腐食の原因にもなる作業なので自己責任でお願いします。
アルミは腐食するようです。その他、浸食はするのでヒートスプレッダの刻印等が見えなくなります。
Date: 2019.03.31
Category: 自作PC
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

スモモも桃

Author:スモモも桃
思ったことをそれとなく書いてます。
使える情報は持って行っていいよ!
VRChatで精神保ってる、参加的な
フレンズヾ(。´'ω'`。)ノ
基本かわいい系癒し系が好きです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター

検索フォーム